リンゴ体型とは?

リンゴ体型とは、内臓脂肪がついて胸の下から腹部にかけて
脂肪がついている状態をいいます。
男性ホルモンが内臓脂肪をつきやすくする働きがあるので、
どちらかというと男性がなりやすい体型です。

 

内臓脂肪はエネルギーにしやすいため、比較的落としやすい脂肪です。
生活習慣の見直しや運動で上手に落としていきましょう。

内臓脂肪を落とすにはどうすればいい?

まずは有酸素運動

内臓脂肪は比較的すぐにエネルギーに変えることができる脂肪なので、
運動がかなり効果的です。
なかでも脂肪を燃焼させるために有酸素運動をしましょう。

 

有酸素運動にはウォーキング、ジョギング、水泳などありますが
続けやすいウォーキングがベストです。

 

運動し始めて脂肪が燃焼しだすのが約15分後なので、
30分は運動を続けた方がいいでしょう。

 

忙しくて時間がとれないという人は、通勤時に1駅前で降りて歩くとか、
エレベーターを使わずに階段を利用したりすることで運動効果が得られます。

 

参考:ウォーキングダイエットのススメ

 

また余裕がある人は、アミノ酸サプリメントを飲むのがおすすめ。
アミノ酸は脂肪燃焼までの時間を早めてダイエット効率をアップさせるので、
少しの運動時間でも脂肪燃焼量が違ってきます。

 

腹筋を鍛える

腹筋を鍛えることは、基礎代謝アップとお腹のひきしめにつながります。

 

まずはじめは基本的な腹筋運動でもOK。

 

もしくは、寝る前に布団の上で仰向けになって足をそろえて上げ下げするだけも
腹筋に適度な負荷がかかって腹筋運動になります。

 

また、仕事中に椅子に座りながら足を上げるだけでも腹筋にききますよ。

 

それでもさらに上の腹筋トレーニングをしたいという方は
ジムでインストラクターに指導してもらったり、EMSマシンを使うのもいいでしょう。

 

最近登場した「SIXPAD」はクリスティアーノ・ロナウドが監修しているので、
それを使うことによってサッカー選手のような美しく割れた腹筋が手に入るかもしれません。

 

参考:SIXPAD公式サイト

 

食事内容を見直す

運動するからと言っていつも通りの食事をしていては内臓脂肪は減りません。

 

ダイエット中はお酒の量は減らし、
揚げ物や脂身がたくさんついたお肉は避けましょう。
どうしても脂っこいものがやめられないと言う方は、脂を流すお茶などを食事と一緒に摂って脂肪の吸収を抑えましょう。

 

また、炭水化物を減らすことによって内臓脂肪がエネルギーとして使われるので、
ダイエット中は意識的に炭水化物を少な目にした方がいいかもしれません。

 

積極的に摂るべき食材は?

反対に、野菜や海藻類、赤身の肉や青魚は積極的に摂りましょう。

 

野菜や海藻は食物繊維が豊富で腸内の掃除をしてくれ便秘解消につながりますし、赤身の肉は脂肪燃焼効果が期待できます。

 

青魚に含まれる脂肪は、ドロドロの血液をサラサラにし体の余分な脂を流してくれる効果があるので積極的に摂った方がダイエットに効果的です。
さらに、悪玉コレステロールや中性脂肪など内臓脂肪の元となる脂を排除してメタボ解消をサポートしてくれるありがたい成分なのです。

 

青魚が苦手という方はサプリメントやトクホ飲料から摂取することもできますので、気になる方はそちらをチェックしてみてください。

 

参考リンク:中性脂肪値を下げるトクホ飲料

内臓脂肪を放っておくと血糖値や血圧の上昇・中性脂肪の増加につながり、
糖尿病や高血圧を招く原因になってしまいます。
そうならないためにも、少しでも早く内臓脂肪を落とすダイエットを始めましょう。