食事療法〜サプリメント・漢方編〜

天然の生薬が作り出す力

「飲むだけで簡単に痩せることができる。」

 

もし、そんな魔法みたいな薬があれば、肥満に悩んでいる誰もが飛びつくことでしょう。

 

今現在、実際に市販されている漢方やサプリメントの中にも、類似の効果を謳った商品は多数存在しています。


但し、飲むだけで簡単に痩せられるようなことは絶対にありません。
 
本当にそんな商品が開発されていたら、私たちの身の回りには、
誰一人として肥満に悩む人はいなくなるはずです。

 

こうしたサプリメントや漢方には、ダイエットに効果があるとされている
様々な生薬が配合されているので、何も飲んでいない状態に比べれば、
間違いなく効果はあるといえます。

 

しかし実際のところは、運動や食事の見直しなど、相応の努力を組み合わせることが必要とされるので、ただ飲んでいるだけで痩せるようなことはないでしょう。

 

この生薬とは、天然の薬効成分を持つ植物などから作られたものです。

 

生薬は、日本の薬事法から医薬品(漢方)として扱われるものと、
食品(サプリメント)として扱われるものに分類されているものなので、
ダイエットに対しても、ある一定の効果が期待できることは間違いありません。

 

生薬は自分の体質にあったものを選ぶ

ダイエットをしている最中は、何かと『痩せる』といったキーワードに敏感になってしまいがちです。

 

とりわけ食事に対する制限をしている方であれば、サプリメントや漢方を飲むことで、つらい食事制限を軽減させ、その上で痩せる効果が得られるとなれば、これほど魅力的な誘い文句はないはずです。

 

ですが、こうした漢方やサプリメントを選ぶ場合には、
生薬に含まれる効果や効能を知る必要性があるので、
飲用には、自分の体質に合ったものを選ぶことが大切です。

 

漢方を服用する際の注意

漢方であれば、人間の崩れてしまったバランスを整えることを目的としているので、
普段から糖質の摂取量を控えている方にとって、糖質の吸収を抑える生薬は不必要となります。

 

 この場合、もし配合されている生薬の効能を知らずに飲み続けてしまうと、
本来、必要とされている糖質までもが抑えられてしまい、バランスを整えるはずの漢方が、
逆にバランスを崩してしまうことになるのです。

 

ダイエットの補助として漢方を選ぶのであれば、
医師や漢方の専門医(有資格者)などに処方を仰ぎ、
その上で飲用することをお勧めします。

 

最近は、こうした商品がコンビニやドラッグストア、
インターネットから気軽に購入できるようになった分、お試し感覚で飲用する方も増えています。

 

しかしダイエットには、内臓脂肪や皮下脂肪といったように、
減らすべき脂肪の種類が人によっても異なります。

 

 

また、水分過多やホルモンバランスの影響、ストレスから受ける食生活の乱れなど、
根本的な原因を見定めた上で正しい飲用法を用いることが重要なのです。