あなたのお腹は何タイプ?

お腹の脂肪は2種類あります。
それぞれ脂肪の付き方が違うので、落とし方のアプローチも少しずつ変わってきます。

 

まずは自分がどちらの脂肪タイプかを把握しましょう。

あなたの脂肪タイプは?

お腹の脂肪を撃退する基本的なルール

食事管理

お腹の脂肪を落とすためにまず必要なのが摂取カロリーの管理。
摂取カロリーは消費カロリーよりも少なくし、
糖質や脂質の摂りすぎには気をつけましょう。

 

>>詳しい方法はこちら

 

有酸素運動

ウォーキングやジョギングなどの軽度から中度の運動を15分程続けると、
脂肪燃焼に効果があります。
お腹の部分やせにはなりませんが、続けることで全身がすっきりしてお腹の脂肪も減らすことができるでしょう。

 

>>詳しい方法はこちら

 

腹筋運動

食事制限や運動で脂肪が落ちてきても、締まりが悪くてはかっこ悪いですよね。
お腹の脂肪を落とす方法ではありませんが、引き締めるために腹筋運動をしましょう。

 

>>詳しい方法はこちら

これらの方法を長期間じっくり実践していくことで
お腹の脂肪を落とすダイエットは成功します。

 

ただ、毎日ジョギングしたり腹筋したりするのってなかなか続かないですよね?

 

日々の忙しさについトレーニングを忘れてしまうこともあるでしょう。

 

そんな忙しい方におすすめなのがつい最近発売された、クリスティアーノ・ロナウドも愛用しているというトレーニングギア「SIX PAD」。

 

一番筋肉を効率的にトレーニングできる周波数20Hzを採用したEMSマシンなので、
短時間で高い効果を発揮します。

 

1回23分のプログラムで、発達しやすい速筋に直接アプローチするため
見た目の変化が分かりやすくモチベーションも続きます

 

そして従来のEMSマシンとは違い、コードレスで薄く軽量化されていて、
時間や場所を選ばずどこにいても手軽にトレーニングができます。

 

通勤中でも仕事中でも、気が向いたときにできる腹筋トレーニング。
忙しい方にでも簡単にできる究極のトレーニングギアです。

 

 

内臓脂肪について

内臓脂肪とは、皮下脂肪に比べて
生活習慣の影響を受けやすいことが特徴です。

 

また女性に比べ、男性に多く
蓄積されやすい性質をもっていることも大きな特徴といえます。

 

男女間の違いには、
ホルモンや筋肉量の違いが影響すると言われており、
女性は内臓脂肪が蓄積されにくい分、
おしりや太腿などに皮下脂肪がつきやすいと言われています。

 

 

近年、この内臓脂肪が
糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を引き起こす原因
であることが分かってきました。

 

さらには動脈硬化への悪影響など、
重度の病気へ直結するリスクが懸念されています。

 

但し、内臓脂肪は皮下脂肪に比べると、蓄積も早ければ、
減らすことも容易である分、原因となっている生活習慣の改善をおこなうことで、元の状態を取り戻すことができるようになります。

 

しかし、そうはいっても簡単に安堵できないところが内臓脂肪の恐ろしい部分です。

 

現在、メタボと診断される方の大半は、この内臓脂肪が原因とされています。

 

つまり、乱れた生活習慣を正すことで容易に改善できるはずのことが
改善されていない事実にこそ、真の恐ろしさが隠されているのです。

 

内臓脂肪を落とすには

内臓脂肪を落とすために、
まずは食生活の見直しから始めましょう。

  • お酒が大好きで毎日晩酌する人は量を減らすか休肝日を作る
  • 脂っこいものをよく食べる人は揚げ物を減らしたり、脂を流すお茶を飲む
  • 内臓脂肪がつかないように中性脂肪を減らす

といった対策を講じれば内臓脂肪の減少につながります。

 

食事の制限はストレスに繋がり、
そのストレスから過食に走ってしまうこともありますので、
ダイエットをサポートしてくれるトクホ飲料やダイエット食材を使いながら
上手に脂肪を減らしていきましょう。

 

皮下脂肪について

ダイエットをした時に、比較的最後まで残ってしまう部分が皮下脂肪です。

 

皮下脂肪は、徐々に体内へ蓄積されていく性質を持っている分、
取り除くことにも相応の時間を必要とします。

 

この皮下脂肪は、ある種の女性的な体系を作る際にはメリットとなる要素をもっていますが、男性の場合は、『太っている』『たるんでいる』といったイメージの悪さが先行してしまいがちです。

 

皮下脂肪は食事制限や運動に加え、
直接的なマッサージを試みることで減らすことができます。

 

しかし先に述べたように、取り除くには時間と根気を必要としますので
『絶対に痩せてやる!』といった強い意思を持ち続けることが、
ダイエットへの必須条件でしょう。

皮下脂肪を落とす方法

皮下脂肪を落とすためには有酸素運動が欠かせません。

 

脂肪は運動開始後20分から燃焼し始めるため、
1日30分程度の運動でダイエット効果が現れます。

 

毎日その程度の時間が取れる人は軽いウォーキングからでも始めてみましょう。
忙しいという方は、通勤の際に1駅前で降りて歩くのでも十分です。

 

毎日の生活に取り入れられる運動を習慣化させて、皮下脂肪をきれいに落としましょう。

 

どちらの脂肪でも必要な腹筋の付け方

内臓脂肪と皮下脂肪、落ちやすさやリスクの違いはあれど、
落とすためにすべきことはだいたい同じ。

 

食事管理、有酸素運動、腹筋運動、
この3つです。

 

脂質や糖質を減らした食事やウォーキングなどの運動は
ストレスが少ないので簡単に始められると思います。

 

しかし、やっかいなのは腹筋運動ですよね。

 

腹筋運動はしんどい上、効果がすぐにわからないので
モチベーションが続かないという人も多いのです。

 

それでも腹筋はスマートなスタイルを作るには欠かせないので、
毎日続けられる簡単な方法を取り入れていくしかありません。

 

そこでおすすめなのがトレーニングギアの「SIXPAD」です。
SIXPADはクリスティアーノ・ロナウドのトレーニングメソッドをモデルとした最新のEMSマシン。

世界最高峰の技術で、
一番筋肉トレーニングに効果的な周波数を編み出し、
1日たった20分程度の着装で効率的な腹筋運動を実現させます。

 

それなのにも関わらず、私たちはそのSIXPADをつけるだけでいいというお手軽さだから便利。
他に例を見ない薄さのパッドなので、いつでもどこでも人目を気にせず腹筋トレーニングができます。

 

お値段は少々お高めですが、メタボ解消とかっこよく割れた腹筋を
こっそりと楽に手に入れられるので、愛用者がぞくぞくと増えています。